レニショー 工作機械の状態診断製品 QC20-W ボールバーシステム – 株式会社三和精密
HOME > ブログ> レニショー 工作機械の状態診断製品 QC20-W ボールバーシステム

レニショー 工作機械の状態診断製品 QC20-W ボールバーシステム


公開日:2016年10月28日

renishaw0

レニショーが提案する、工作機械の状態診断製品「QC20-W ボールバーシステム」はCNC 工作機械の位置決め性能を簡単かつ短時間でチェックすることができ、機械性能のベンチマーク検査と履歴管理を行うだけでなく、メンテナンスが必要となるような問題を短時間で診断できるようになります。

例えば、
地震などの天災の後、問題なく使えるかの簡易点検
急に精度が出なくなった時の原因調査
当ててしまうなど大きな衝撃があった後の確認
など、いろいろな活躍の場があります。

工作機械をボールバーで定期的にテストすることで、次のようなメリットが得られます。

●CNC 機械で製造するパーツ精度を初品から確保
●機械停止時間、スクラップ、検査コストの低減
●機械性能と品質管理規格の適合性の証明
●正確なデータに基づくメンテナンス計画の導入

無料で最新バージョンの Ballbar 20 ソフトウェアをご利用いただけます

レニショーの QC20-W ボールバーキットでお届けしている最新ソフトウェアの Ballbar 20を使用すると、短時間で工作機械のパフォーマンステストと分析を行うことができます。

QC20-W ボールバーは、工作機械の位置決め性能を短時間で確認する最も実用的で優れた手段として、広く認識されています。
サーボミスマッチ、スティックスリップ誤差、バックラッシュ、繰返し精度、スケールミスマッチ、機械の幾何学偏差などの機械の位置決め誤差を短時間で診断計測すると共に、総合的な真円度誤差の値を示します。

工作機械の今の精度を丸裸にしてしまう測定器具になります。

renishaw1

レニショーの製品説明HPはこちら

パンフレットはこちら
   

お問い合わせ

この商品に関するお問い合わせは、メールでこちら
 


タグ:

関連記事

ミツトヨ 測定博物館 見学

測定機器メーカーのミツトヨさんの神奈川県川崎の本社にある測定博物館の見学に行ってきました。 こちらは、経済産業省認定の近 …

太陽光発電報告

8月度の発電量  22,072kwh (昨年同月実績 26,493kwh)

コロナ nanofeeL/ナノフィール据置型 社内デモ機設置

コロナのnanofeeL/ナノフィールを本社事務所に設置 弊社で販売しております「コロナ nanofeeL/ナノフィール …