【JIMTOF2016レポ】ワルター Walter DC170 – 株式会社三和精密
HOME > ブログ> 【JIMTOF2016レポ】ワルター Walter DC170

【JIMTOF2016レポ】ワルター Walter DC170


公開日:2016年11月18日

dc170 ワルターが穴あけ加工のアイコンとする鉄系・鋳鉄系被削材(ISO P、K)用 内部クーラント供給式 超硬高性能ドリルです。 従来の超硬ドリルと比較して 35 % 高い切削条件において 50 % 長い工具寿命を達成 (その他の寸法: 3 x Dc - 30 x Dc) 最大の特徴として、一般的なダブルマージンドリルは軸方向のマージンになりますが、ワルターDC170は径方向へマージンが付いています。 他にも、

  • ドリルの外周が常にガイドされ良好な穴品質
  • ポリッシュフルートにより確実に切りくずを排出
  • 最大の超硬母材による 最高のプロセス信頼性
  • 360° クーラントによる最大の冷却効果
  • dc170-cooling 直進性が良いので交差穴や重板加工などにも使えます。 注意点としては、強いガイドにより抵抗も大きいので、SS材など所謂低炭素鋼には向きません。 低炭素鋼は高張力なのでドリル先端が通過するときに拡張された穴がすぐに縮まろうとするため、材料の縮まろうとする力がマージン部にかかり、その大きな負荷が折損や加工の不安定に繋がる可能性があります。 S45Cなど高炭素鋼やFC材で、高いパフォーマンスが期待できると言えます。 この商品のカタログPDFはこちら

    お問い合わせ

    この商品に関するお問い合わせは、メールでこちら


    タグ: ,

    関連記事

    【JIMTOF2016レポ】 普通ではない普通旋盤 サイダ VERSEC-neo

    『普通旋盤』それは古くから存在し、長い年月を経てもその基本は変わりません。 多くの普通旋盤がNC化という進化を遂げる中、 …

    METALEX 2017 見学

    タイで開催されたMETALEXを見学しました。 年々、派手な演出になっており、演出は如何に目立つかが最優先という感じです …

    TONE 河内長野工場 訪問

      トルクレンチなど作業工具の総合メーカーTONE株式会社さんの河内長野工場を訪問しました。 TONEさんは2 …